痔の治療・日帰り手術について

contact_tel.png診療予約

「もしかして痔?」 そう思ったら早めに受診を

当院では痔の治療も行っています。多くの人が悩みながら、なかなか人に相談しづらい痔のこと。放置すると悪化することもありますので、一人で抱え込まず、消化器が専門の当院にご相談ください。「もしかしたら痔かな?」と思ったら早めに受診することが大切です。

こんな症状の人はご相談ください

激しい痛みや出血、膿が出て下着が汚れるなど

  • 肛門の周辺にいぼのようなものができている
  • 肛門の周辺が切れている
  • 肛門の周辺が激しく痛む
  • 排便時に出血がある
  • 排便後にも痛みが続く
  • 肛門の周辺が腫れている
  • 肛門の周辺から膿が出て、下着が汚れる

痔の種類

痔は主に「いぼ痔」「切れ痔」「あな痔(痔ろう)」の3種類があります。いぼ痔(痔核)はさらに、内痔核と外痔核に分けられます。

いぼ痔

血管がうっ血してこぶ状に 出血や激しい痛みがあります

内痔核
いぼ痔の「いぼ」は、肛門や直腸の毛細血管の一部がうっ血してこぶ状になったものです。このいぼが、直腸と肛門の境目(歯状線)より内側(直腸側)にできたものを内痔核と言います。
外痔核
いぼが歯状線より外側(肛門側)にできたものです。
原因

いぼ痔は痔の中で一番多くなりやすいと言われています。原因は便秘や下痢、長時間同じ姿勢を続けている、妊娠や出産、ストレスなどさまざまです。

症状

内痔核には痛みがほとんどありませんが、排便時に出血することがあります。一方で外痔核は出血は少ないのですが、腫れて激しく痛むことが多いのが特徴です。

切れ痔

硬い便を無理に出そうとして皮膚が切れる…

切れ痔とは文字通り、肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態のことを言います。硬い便を無理に出そうとした際に切れることが多い一方で、慢性的な下痢の炎症として起きることもあります。排便時に激しい痛みと出血があり、排便後に痛みが続くこともあります。

あな痔(痔ろう)

細菌感染による炎症 痛みのほか発熱も

あな痔(痔ろう)とは、細菌感染により直腸と皮膚をつなぐトンネルができてしまうことを言います。まず肛門の周辺に直腸から大腸菌などが入って炎症を起こし、膿を出すおできができます。この状態を肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)と呼びます。こうした症状が進行することで最終的にはトンネルができてしまいます。男性に多い傾向があります。

原因と症状

下痢やストレスによる免疫力低下が原因と考えられており、肛門の周辺が腫れて痛むとともに、熱が出ることもあります。症状が痔ろうまで進むと膿で下着が汚れてしまいます。

痔の治療方法

痔の治療については、症状により投薬または手術を検討します。当院では日帰り手術や痛みの少ない注射療法も行っています。

ALTA療法(ジオン注射)

有効成分を投与 出血が減り、いぼが小さくなる

いぼ痔の内痔核に対して有効なのがALTA療法(ジオン注射)です。有効成分を痔に投与することで痔の血流が減り、硬く、小さくなっていきます。手術に比べて出血が少なく、手術と同等の効果があると言われています。
※全ての内痔核の患者さんに行えるわけではありません。注射療法を行うのが望ましいか、状態をしっかりと確認して判断します。

日帰り手術

血栓性外痔核の摘出

血栓性外痔核とは、血豆ができて肛門が腫れあがった状態です。手術で血豆を切除することで治ります。イスに座れないなど生活に支障があり、患者さんが早期に治したいお気持ちがあれば手術を行う方が良いでしょう。我慢できる痛みであれば投薬で改善を試みることもあります。

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)の切開

肛門周囲膿瘍とは痔ろうの前段階の状態で、肛門の周辺が炎症を起こし、膿が出てしまいます。肛門周囲膿瘍は痛みがひどいため、手術で膿を取り出して早期に治療するのが望ましいです。

手術の流れ

手術は5~10分と短時間 術後すぐにご帰宅いただけます

1.診察

問診で患者さんの症状やお悩みを聞いた後、実際に患部を見させていただきます。

2.治療法の決定

患者さんのご希望も踏まえながら投薬か手術を行うかを話し合い、治療法を決定します。

3.手術

局所麻酔を行った後に手術を行います。手術はいずれも短時間で済みます。肛門周囲膿瘍は5分ほど、血栓性外痔核は5~10分ほど、ALTA療法も5~10分ほどです。いずれの治療も局所麻酔を行うので痛みは少ないです。
ALTA注射療法は診察した後、別の日に時間を設けますが、他の手術は診察日当日に行うこともできます。手術後はすぐにご帰宅いただけます。